ローンの
返済に悩んでいる
ー任意売却ー

  • ホーム > 
  • ローンの返済に悩んでいる ー任意売却ー

競売にかけられる前にぜひ任意売却を

住宅ローンを組んだ時点では返済も滞りなくできていたものの、家庭の事情やお仕事の都合、社会的変化など何らかの理由によりローンの返済が厳しくなる方はたくさんいらっしゃいます。中にはすでにローンを滞納してしまい、競売にかけられる寸前まできている方もいるかもしれません。

競売は残債がほとんど減らず売却後も厳しい返済が待っているなど売主様にとって不利な条件ばかりです。
千葉県で不動産売却を手がけるアールフィールズではローン返済が厳しく競売が始まってしまうかもしれないという方に任意売却をおすすめしております。間に合わなくなる前にぜひご検討ください。

こんなお悩みありませんか?

  • 離婚で財産分与が必要だがローンが残っている
  • 事故物件を購入した上に返済が厳しくなってきた
  • 住宅ローンを滞納してしまっている
  • 収入が減りローンをどう返済すべきか悩んでいる
  • 金融機関から督促状が届いてどうしたらいいかわからない
  • 裁判所から競売開始の通知がきてしまった
  • 不動産の差し押さえをされて困っている
  • 自分に不利な競売はなるべく避けたい

こんなお悩みありませんか?

住宅ローンの返済が苦しい、すでに滞納してしまっている方はなるべく早く任意売却をご検討ください。アールフィールズではお客様の現在の状況をお伺いし、必要な手続きを速やかに進めます。住宅ローンに関するさまざまなお悩み・ご不安はぜひ当社にお気軽にご相談くださいませ。

任意売却とは?

任意売却とは?

任意売却とは住宅ローン滞納で所有者様に不利な条件の多い競売にかけられる前に、なるべく良い条件で不動産を売却する方法です。任意売却ならば競売と違ってローン残債を多く減らすことができ、売却後も新たなスタートを切りやすくなるでしょう。

住宅ローンを組む際、不動産には金融機関から抵当権が設定されます。もしローン返済の滞納が続いた場合は金融機関が抵当権を行使し、物件の差し押さえをして競売より残債を回収することになります。

任意売却では不動産会社が物件所有者様=債務者と債権者の間に入り、競売を回避してよりよい条件での不動産売却を行います。相場に見合った価格での売却が可能で、ローン残債も大幅に減らせる可能性がございますのでぜひご検討ください。

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット
市場相場に近い価格で売れる 競売では市場相場より3~5割安い価格で売却されることがほとんどですが、任意売却ならば市場相場に近い金額で売却可能です。
引越し費用や生活費を確保できる可能性がある 債権者と交渉することで、売却価格から住み替えに必要な引越し費用や当面の生活費を確保することが可能です。
プライバシーが守られやすい 競売物件の情報は裁判所や業界紙に公開され、執行官がご自宅の調査にくるためご近所に競売の事実を知られる可能性がとても高いです。任意売却では不動産会社がプライバシーに配慮して売却を進めるため周囲に知られる可能性は著しく低くなります。
返済計画をリスケジュールできる 売却後に残債があっても給与差し押さえになるケースはほとんどなく、返済方法についても交渉により無理がないようにリスケジュールできる可能性があります。
不動産売却にかかる費用負担がない 不動産売却時にかかる仲介手数料、抵当権抹消費用、各種税金などは債権者が負担することになります。
売却後も住み続けられる可能性がある 家族や親戚が買い取ることで売却した物件に住み続けることも可能です。競売では強制退去となります。
精神面で大きく負担が軽減できる 任意売却に慣れた不動産のプロや専門家が間に入るので売却時の手間も少なく、相談できる相手がいることで精神的負担も少なくなります。
任意売却のデメリット
債権者が同意しない場合もある 債権者側がだいぶ折れる形となるため、任意売却を受け入れない可能性も少なからずあります。債権者への心象を良くし、任意売却を成功させるためにも、督促状・催告状を無視せず「返済の意思」を伝えましょう。
各種手続きが必要になる 競売は放っておいても勝手に売却が進められますが、任意売却は一般的な不動産売却と同様の手続きが必要になります。
不動産会社選びは慎重にすべき 任意売却は経験の浅い不動産会社には荷の重い業務です。経験の浅い会社に依頼してしまうと、安く売却することになったり、時間オーバーで競売になったりすることがあります。
任意売却を成功させるためにも、不動産実績20年のアールフィールズにご相談ください。

任意売却が可能な期間とは?

任意売却が可能な期間とは?

任意売却にはタイムリミットがあります。滞納し始めたばかりならば可能ですが、競売がスタートしてしまったら任意売却は実行不可能となります。

「返済が苦しい」「収入が激減している」「ついに滞納してしまった」という方はなるべく早く、当社にご相談ください。

ローン滞納目前 返済できているが、かなり厳しく家計も圧迫されている
ローン滞納から3ヶ月 滞納が3ヶ月続く頃には金融機関から督促状・催告状が届くようになります。無視し続けると金融機関は「支払いの意志なし」と判断し、競売の手続きをすすめていきます。任意売却を有利にすすめるためにも返済の意思は伝えるようにしましょう。
ローン滞納から4ヶ月 支払いの意思を伝えないままでいれば競売の開始通知が裁判所から届きます。さらに無視してしまうと4~5ヶ月以内に競売がスタートします。
ローン滞納から5ヶ月以上 物件調査のために裁判所から執行官が訪れます。物件の写真を撮るなど調査を行うため、ご近所にも知られてしまうでしょう。
競売開始 競売が開始されると任意売却ができなくなります。この状況になる前になるべく早く当社までご相談ください。

競売と任意売却の比較

売却後の残債、返済計画、売却後の生活費捻出の可能性など、競売と任意売却では大きな差が出ます。物件所有者様にとって明らかに競売は不利であり、できる限り早く任意売却を進めるべきです。

競売と任意売却の比較表で、その違いをご確認ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  任意売却 競売
売却後の残債 市場相場に近い価格で売却できます。売却金額で残債もしっかり減らすことが可能です。 市場価格の3割~5割低い価格で落札されることがほとんどで、残債も多く残りやすいです。
売却後のローン返済方法 債務者の収入や生活状況を考慮した上で、無理のない返済を債権者と交渉することができます。 返済方法の交渉はできず、競売後も多く残った残債をこれまで通り支払うことになります。
プライバシー 不動産会社は売主様のプライバシーを保護するため、秘密厳守で不動産売却をすすめます。 官報・ホームページ・新聞などに競売情報が掲載されるため他人の目に触れる可能性があります。また、物件調査のために裁判所から執行官が訪れるためご近所に競売の事実を知られる可能性が高いです。
立ち退き・退去 立ち退き時期については債権者と交渉することが可能で、強制退去を求められることはありません。 売却後、強制退去となります。
引越し費用 売却代金から引越し費用を捻出できるよう、債権者と交渉することが可能です。 売却代金はすべてローンの返済に充てられるため引越し費用は残りませんし、交渉もできません。
売却後の生活 債権者と交渉することで当面の生活費を売却代金から捻出できる可能性があります。生活の立て直しもしやすいでしょう。 売却代金はすべてローンの返済に充てられるため生活費の捻出はできません。生活の立て直しは難しいでしょう。

PICK UP! 競売にかけられる前に、まずはご相談ください!

PICK UP! 競売にかけられる前に、まずはご相談ください!

ご説明したように競売がスタートしてしまうと不動産は強制的かつ二束三文で売却されてしまいます。ローン残債がほとんど減らせないばかりか、返済計画を組み直せず原則一括返済となるので売主様にとっては辛いことばかりとなってしまいます。売却により生活の立て直しができないだけでなく、家までなくなってしまい途方にくれることになってしまうでしょう。

そういった辛い未来へ進まないためにも、競売にかけられる前にアールフィールズにご相談ください。当社は千葉に密着し地元の専門家との連携を速やかに取ることができます。任意売却を進める上で、売主様にとってより有利な交渉を進められるよう、専門家とともに全力でサポートいたします。

任意売却はお客様それぞれご事情が大きく違い、債権者との交渉もあることから高難易度案件だからこそ、専門家と即時連携が取ることができ、任意売却の成功実績豊富な私たちをお頼りください。一緒に売却のこと将来のことを考えていきましょう。